シェアボタン

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。
前回は集客に対するブログで意識しなければならない注意点として、ターゲットを絞った記事とオンラインでもオフラインでも同じ言動を心掛けるという事をお話させて頂きました。
前回の記事
今回は、ブログの読者とどう向き合っていくかをお話させて頂こうと思います。
長年ブログを書いている方はお分かりだと思いますが、読者からコメントが付く事がありますよね。
ブログだけではなく、Twitterやfacebookでも同じだと思いますが、そのコメントはすべての人の共通認識ではないという事を意識して下さい。
読者には二つのタイプの人たちがいます。
ひとつは「反応をくれる読者」。
もう一つは「サイレントマジョリティーを構成する読者」です。
多くの場合反応を返してくれる読者たちは熱心でコアな読者であり、強い主張を持っていますので、それだけに反応していると、どんどん狭く深く枝葉末節に入り込むことになってしまいます。
それに対し一つ一つ対応していってしまうことで大半のサイレントマジョリティーにとって不可思議で興味を持てない方向に進んでいってしまいます。
ブログには「いいね」ボタンが無い代わりにアクセス解析のプログラムが入っています。
コメントの多さよりも、アクセスの多さを重要視してブログを運営していくことが非常に重要となります。
とりたてて反応はしないけれど、継続的にブログに訪れてくれて、ずっと読んでくれるリピーター読者が影響力を支える基礎体力となるのです。
専門家はコアな話題に移行しがちです。
 
もう一度ご自分のブログを見直してみましょう。
次回はブログを構築するにあたりどの様なブログシステムを利用したら良いのかお話しさせて頂ければと思います。
シェアボタン