シェアボタン

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

前回から始まりました「治療家向けブランディング基礎講座」。

今回はその2回目。

「セルフブランディング」の続きとなります。

前回はブランディングの種類。またその中でもコストをさほど掛けずに少人数でも短期間に価値を高めることが可能となる「セルフブランディング」についてどういったものなのかをお話しさせて頂きました。

前回のブログはこちら↓

ブランディングの種類

今回は具体的にどいう手順で進めていくのかを解説しましょう。

 

セルフブランディングの方法は多種多様です。

チラシ、メディア出演、セミナー開催、ブログ・SNSでの発信、書籍の出版、等々、一つ一つ取り上げるとキリがありませんが、「自己価値を高める」という観点から考えると、何をするにしても闇雲に発信していてもなかなか結びつかないものです。

はじめに「あなたがなりたい未来像」をしっかりと目標設定することが重要です。

今回はその未来像を目標設定する具体的な方法について述べていきます。
まず、紙を用意して下さい。出来れば大きめの紙で、三行使いますので横に使った方が書きやすいです。
二本縦に線を引いて、右に「過去」、真ん中に「現在」、そして左に「未来」と書いて下さい。
そしてその枠に箇条書きでそれぞれやって来た事、現在行なっている事、将来の目標を記入します。
現在、過去、未来の順に記入していくと、未来像が掴めやすいと思います。
次に過去から現在、現在から未来に繋がる線を書いて下さい。
もちろん過去にやっていたもので未来に繋がるものもあると思いますので、その場合は過去から未来へと線を結びます。
出来ましたでしょうか?
では今度は未来に書かれた項目の達成までの年数を記載して下さい。未来像に繋がる線の中間に、どの様な行動プランが必要でどのくらいの期間を要するのか考えて記入して下さい。
 
一個一個の未来像を分けてスケジュール帳に予定を組んでみて下さい。
最後にそれが全て合わさったものが、あなたの未来像実現までのタイムスケジュールになるのです。
スケジュールが無ければ人というものは時間に追われズルズルと無駄な時間を消費しがちになってしまいます。
「目標」が「夢」で終わってしまわないよう、シッカリとしたスケジュールを組んで行きましょう。
次回は未来像へと繋がる線の中間で、どの様なセルフプランニングが必要になるかを説明して行こうと思います。
シェアボタン