シェアボタン

こんにちは。治療家総合コンサルタントの田村です。

「ホームページは作ったもののGoogleやYahooでの検索順位が上がらない」

そんな声がよく聞かれます。

Googleは先日このような文を発表しました。

上の文の通り、検索エンジンは日進月歩で進化しています。

しかし、昔から言える事は「良質なサイトを作ること」、そして、「検索エンジン=患者様にどこを見せたいのか」が重要になってきます。

サイト制作会社によってはSEOを意識せず、綺麗なサイト作りだけに集中するところもありますが、折角作ったサイトが検索で引っかからないようであれば作った意味がありませんよね。

検索エンジンで上位表示させる対策をSEO対策と言われていて、それだけで商売している会社も多いのですが、上がらない原因の一つとしてMETA(メタ)の対策が間違えているところが多いのが現状です。

メタタグと言われるものがホームページにはあり、これをキーワードに検索エンジンはホームページを探すのですが、多すぎてもいけないし、少なくても効果がない。

有り勝ちなのがTOPページに施術のコンテンツが多い場合メニューの数だけメタタグに入れてしまうケース。

これではキーワードが分散して検索の上位に持って行かれなくなってしまいます。

どのページを検索エンジンに巡回させるかをはじめに決めておき、そのページごとの対策を取らないといけません。

勿論、キーワードだけで中身がしっかりと出来ていなければ意味が無いですけれど。

あと、写真だけ掲載してその写真の説明文をシッカリと裏に書いていないと検索エンジンは拾ってくれません。

これは表示上画面では出てきませんが「alt」というタグを裏に埋め込む形です。

ホームページを形成する記述HTMLを理解していればページのソースを見ただけでどこがどうなって検索で上がってこないのかがわかるのですが、そこまで覚えるのも大変なことですよね。

例えば今制作を頼んでいる会社があれば一度確認してもらった方がいいです。

僕がいま教えているワードプレスでは簡単に対策が取れるんですけどね。

あ、また売り込みかって思われるので、その話は止めておきます(笑)

シェアボタン