シェアボタン

こんにちは。治療家総合コンサルタントの田村です。

今の時代、「××会社のAです」が通用しなくなってきましたね。

一昔前なら「電通のAです」とかいうと、「ああ、あの電通の」とか思われていましたが、現在は会社名よりも、その人間性を見られる時代となってきました。

そう、会社にブランド力が無くなってきたんですよね。

「何処に頼むか」ではなく「誰に頼むか」が重視される時代になってきました。

ましてや、今は年功序列、永久就職なんてワードはもはや死語に近く、違う会社に転職した時に冠会社の名前でで売っていた人は何の後ろ盾も無くし路頭に迷います。

何処の会社にいたとしてもAさんはAさんであり、その人に魅力がありさえすれば、お客様も付いてくると思います。

会社・治療院単位でのブランディングはもちろん必要ですが、スタッフ個人個人がセルフブランディングすることによって、その会社・治療院の総合的な価値が上がってきます。

何故なら毎日朝から晩まで会社にいるわけですよね。

投稿内容に会社でのイベントや同僚とや上司との交流が間違いなくアップされてくると思うのです。

その時にスタッフとSNSでつながっている人達は「こういう会社に勤めてるんだ」とか「何か楽しそう」とか会社・治療院に少なからず興味を持って貰えるはずです。

よく、会社や治療院でスタッフに対しSNSを禁止しているところを見かけますが、これって、余程言われたくないようなブラックなことがあるのでしょうか?(笑)

スタッフが人気者になることは、会社・治療院にとって、とても有益なことです。

もしそれを阻害しているとしたら、その会社自体しっかりとしたブランディングが出来ていないことになります。

特に治療院は施術の腕が上達し、見通しがたてば独立していくという問題があります。

でも、その人気のスタッフが沢山いて、その中から独立していくのであればリスクも少ないですよね。

しかもそんな人気治療家を多く排出している治療院となれば、先生の価値も大きく上がります。

「人気になること」=「技術」とはまた違います。

もちろん技術もその一つですが、その人の持っているキャラクター(個性)が人気に繋がるのです。

僕はまだまだ配信するのはと思われているスタッフさん、貴方の普通を配信してみてください。

特別なことじゃ無くて、好きなこと、考えていること何でもいいんです。

あなたの未来、目標にきっと大きな力となってくると思います。

 

さて、今度の日曜日に迫った「インストールから始める初心者向けワードプレス1日集中講座」。

ただいま資料作りに追われています。

参加される方が付いて来れるようにわかりやすく作らなくては!

ブランディングのお話も少しさせて頂きますね〜!

写真はスライド作りをワンコに邪魔されまくるの図。。。

シェアボタン