シェアボタン

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

皆さんはコンビニエンスストアをどの位利用されているでしょうか?

僕はほぼ毎日の様に利用しています。

別に何を買おうという訳でもないのに、ふらふらとつい入ってしまう。

インターネットリサーチでの20代から60代に対する調査によると、
「目的がないのにコンビニにはいってしまうことがよくある」との質問で「はい」と答えたのは全体の20.9%。

おや?意外と少ない。でも年代別に見ると、

60代 8.7%
50代 14.7%
40代 19.0%
30代 25.7%
20代 37.3%

やはり若い層では高い様ですね。

目的も無いのに入店してくれるって凄いことですよね。

コンビニって情報を得るのにとても便利なところだと思うんです。

そこに何か新しいものがあるのではという期待感がなければ目的も無いのにお店に入るなんてことしませんよね。

毎日新聞社が「毎日メディアカフェ」という情報発信基地を2014年にオープンしました。

毎日新聞東京本社(千代田区)1階の「MOTTAINAI STATION」を開放して、毎日新聞社の出版物を読めたり、記者報告会やNPO、企業などによるイベントを開催し、カフェの実空間とウェブサイト、SNSのクロスメディアによる新たな情報発信を目指して作られたもので、今、船水隆広先生(東京医療専門学校)らが一般向けの講座として「お灸」のセルフケア、毎日お子さんにかっさを用いた「小児はり」のやり方などを教えています。

毎日メディアカフェ

http://mainichimediacafe.jp/

「古いんだけど新しい」そんな情報を一般の人へ発信して行く場。

入ったら何か自分の知らない新しい事を得られる場。

人って常に新しい刺激を求めているものだと思います。そんなアンテナショップが東洋医学業界にも、もっともっと出来て行ったら面白いのになぁと思います。

そんな事を考えながら今日もコンビニとドラッグストアを彷徨いています。

シェアボタン