シェアボタン

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

今回は「クチコミ」についてお話しさせて頂こうと思います。

かつての「クチコミ」は非常にアナログな伝達手段でした。

しかしクチコミによってその評判が広がると、やがて爆発的な効果に結びつくことが多くありました。

何故ならそれは何の利害関係もない客観的立場にある人から発せられる情報であり、売り込みフレーズとは違う消費者の目というフィルターを通したもので、信憑性の高いものだからです。

いま、消費者が自ら情報を発信できるブログや、Twitter、インスタグラム、LINE、SwarmなどのSNSといったメディア「CGM(Consumer Generated Media)」が発達している中で、治療家にとってクチコミを意識したPRやプロモーションが大きな戦略としての一つとして考えなければいけない時代となりました。

それらCGMを使い分けることでターゲットに情報を効率的に届けることが出来るようになりました。

CGMを利用する消費者に対しコミュニケーションを図ることによって、大きな力を生み出すことが出来るのです。

そのクチコミは検索エンジンの中で、オフィシャルサイトの情報だけでなく、消費者からの声として奥行きのある情報に繋がります。

消費者は露骨なPRを好みません。

逆に「そんな文句にうまく乗せられてたまるか」と考えます。

PRという目線ではなく、院で何かイベントを開催したり、啓蒙プロジェクトを企画したりしてお客様に拡散してもらえるような発信を心掛けましょう。

今回ちょっと堅苦しい内容になってしまいましたが、重要なのはお客様とあなたの関係性です。

面白い(好きな)先生、面白い治療院には人が集まります。

それが情報の拡散を呼び、あなたのブランディングの大きな糧となっていくと思います。

シェアボタン