シェアボタン

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

過去にこんな事がありました。

私がよく利用している京急線で、こんな会話を耳にしました。

先輩女性駅員さんが後輩男性駅員さんに到着した電車とお客様への対応を教育されているようでした。

後輩「ここで終点の電車はどういった段取りで行えばいいのでしょうか?」

先輩「うん、まず電車が到着したらアナウンスが入るから、乗客みんな追い出しちゃって電車内のチェックね。」

僕はもの凄くこの言葉に違和感を感じました。
注意してあげたくなるくらいに。

 

『乗客みんな追い出しちゃって」

この言葉が普段この先輩駅員さんがお客様に対し、どう思って接しているかが良く分かりますよね。

何か過去に乗客と揉めて嫌な事があったのでしょうか?

もしそうだとしても、そこでの自分の対応を見直し、より良いサービスを提供する事が自己のレベルを引き上げ、結果としてお客様の満足度に繋がることになると思うのですが…。

ましてや後輩に対して、お客様が大勢いる面前で大声でコレはいけない。

この方の上司の教育も伺い知れてしまいます。

普段考えていることは忙しい時、余裕がない時につい口に出てしまいますよね。

治療現場では今まで接遇という観点からの教育は少なかったと思います。

現在「温故知新」では上石優子先生による「医療接遇」が連載され、今年の3月には書籍化の予定で現在進めさせて頂いております。

人のふり見て我がふり直せ。

先ずは自分と周りから。

是非参考にして頂けたらと思います。

シェアボタン